ゲルザブ埋め込み

ゲルザブ埋め込み

あんこに溝を掘ってゲルを埋め込みます。あんこに1cmの溝を掘って埋め込むので、見た目スッキリで当然シート高もそのまま。
ゲルの力でお尻が痛くなるのを抑えます。
長距離運転にオススメ!
※バイクの種類やライディングスタイルなどで、効果に個人差があります。

ご注文の際の注意!
ゲルザブ埋め込み各種が施工できるサイズ
埋め込み加工の施工には、原則として以下の項目が必要です

ゲルザブSS埋め込み加工前・加工後の写真

ゲルザブの効果を最大限発揮するために

タックを使用しない方が効果的です。

理由は立体感を出すためにウレタンを一緒に縫い込むため、
ゲルザブとお尻との間にウレタンが入り、
効果が100%発揮できなくなります。

シートポジションを明確に記してください。

ポジションは人によってさまざまです。
あなたのベストポジションを、シートにマーキングしてください。
マーキング方法はマスキングテープやビニールテープで印を付ける(写真1)・ベストポジションの位置に紙を貼り付ける(写真2)・あんこに直接マジックで描いていただくなど、分かりやすく加工場所を記してください。

ゲルザブのことをもっと知りたい!

体の圧力を広く分散し、痛みや疲労を緩和

ウレタンフォームやメモリーフォーム(低反発ウレタン)とは異なり発泡していない(スポンジ状ではない)ので、あまり沈み込みを起こしません。
包み込むクッション性によって、薄くても底突きせず、経年変化が非常に少ないのも特徴です。

衝撃吸収力がウレタンフォーム等の5~10倍

素材自身の遅延回復粘弾性により、衝撃吸収力がウレタンフォーム等に比べ5~10倍程度高く、身体にかかる負担を大幅にカットします。
ウレタンフォームは衝撃を瞬間的に受け止める為のピークが出やすく、厚みがないと衝撃が貫通し、そのまま身体に伝わりますが、エクスジェルは衝撃を伝わり始めた時点から素材自身で多方向に力を打ち消しながら伝えていく為、ピークが出にくく薄くても体に伝わる衝撃を最小限に抑えます。

▲このページの上部へ