“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

ふるどの

2012.10.27 22:17:13
01.jpeg 02.jpeg

福島県南部の田舎道、国道348号沿いにある小さな道の駅に立ち寄った。それほどおなかがすいてないけど…何かいいものはないかなぁ?と思っていたら、外に出店があり、おいしそうな大判焼きを焼いている最中だった。おおっ、大判焼きか、たまにはいいな、と思い聞くと、いま丁度焼きあがったところだという。ラッキー。あんことクリームがあるというのでひとつずつ頼むと、熱々をくれた。やったね。外にテーブル付きのベンチがあったのでそこで食べることにする。チラッと隣を覗くとこちらはクレープ屋だ、ああクレープもよかったなぁ(僕は気が多いのだ)。こちらにはコーヒーがあるというのであったかいコーヒーを注文する。コーヒーができると「バイクなのね、よかったら食クリームはべて」といってきゅうりの漬物を丸々一本くれた。心遣いがうれしい。いただきます、大判焼きはトローリ温かくて柔らか、粒あんの食感がたまらなくおいしい。甘さも丁度いい、そして周りはフワフワ。たまんないねー。少し寒くなってきたこの時期に、ピッタリのおやつだった。オリジナルブレンドのコーヒーもインスタントにない味わいと深みがあり、グッド。体の芯までぽかぽかになる、コーヒーブレイクだった。


大判焼き各100円
ブレンドコーヒー250円
■住所/福島県石川郡古殿町大字田口字平館25

安達・智恵子の里

2012.10.24 00:53:32
image_2.jpeg


国道4号線沿い、福島県二本松市にある道の駅。施設が大きく高速のパーキングエリアのような雰囲気だ。食事どころもいくつかあり、その中に珍しくイタリアンの文字があった。小さい店だが奥を覗くと石釜があった。ピザが焼けるというので、久しぶりにピザにする。おそらくこの2年半で登場したのは2、3回。貴重な存在だ。10分位でできてきた、ピザ生地とチーズが焼ける、いいにおいがする。うーん、たまらない。プラス300円でミニサラダとドリンクが付けられるというのでセットにする。僕が頼んだのはミックスピザで、ハム、ピーマン、マッシュルーム、えび、たまねぎがトッピングされていた。とろけるチーズはクリーミー、生地は柔らか。やっぱりピザはいつ食べてもおいしい、さらに焼き立てが道の駅で食べられるのだからうれしい。セットのコーヒーも入れたて、酸味が効いたコーヒーで僕好みだった。たまには旅先で気軽にイタリアンが食べたいな〜という人に、ここはオススメですよ


ミックスピザ21センチ680円
◾道の駅安達・智恵子の里
◾住所/福島県二本松市下川崎字上平33の1


パスカル清見

2012.10.18 17:26:59
22_2.jpg


岐阜県飛騨高山市、飛騨せせらぎ街道と呼ばれる国道257号沿いにある道の駅パスカル清見。自然豊かな場所にあるので週末はライダーで賑わいそう。洋風の洒落た雰囲気のレストランに入る。さあ、今日は何を食べようか? 田舎はどこの道の駅も「そば」がメインになり、他のおいしい物が減ってしまうのだが、ここには珍しく好きな洋食があった。嬉しいなぁ、メニューの中に気になる料理をひとつ見つけたので、それを注文する。しばらくするとジュージュー音を立てながら運ばれてきた。「石焼き牛すじカレー」。石焼きビビンバなどに使われる石の器の中にごはん、その上にカレーがかかっている。焦げたカレーの匂いが実に香ばしい。では、いただきます。食べてみると、おお〜っ、これはいいっ!。お焦げごはんとカレー、牛すじという組み合わせが超新鮮。普通のごはんと固めのお焦げごはん両方いっぺんに食べられるのが嬉しい。そしてお焦げとカレーの相性もなかなかです。さらにここに柔らかくてコクがある牛すじが加わるのだから、まずい訳がない。カレーのルーも深い味わいのありgood。とても新鮮な気持ちで食べることができました。うーん、シアワセー!

石焼き牛すじカレー1100円

■道の駅パスカル清見

■住所/岐阜県高山市清見町大原858-1 

らっせいみさと・そばの郷

2012.10.15 11:22:16
21.jpg

岐阜県恵那市、国道418号からすぐの所にある道の駅らっせいみさと・そばの郷。駅名にそばという名前が入っているくらい、そばがイチオシの道の駅でお土産もそばを使ったものが多く、手打ちそば作りを体験できる「そばうち体験道場」なるものまである。これはそばを食べるしかないな。レストランもそばの専門店、ざるそば、山菜そば、天ぷらそばなどなど…定番の中に聞き慣れない「つんつんそば」なるものをあったので注文してみる。出てきたそばの上には葉わさびの醤油漬け、さらに擦りわさびと刻みネギまで載っている。これはかなり辛そうだな〜っと思ったら、本気で辛かった(笑)。つんつんどころか、鼻にズキンッズキンッ。葉わさびっていままで食べたことがないんだけど(記憶の中では…)こんなに辛いんだ。醤油漬けは辛い上にしょっぱく、食べるのが至難の業だった。辛い&しょっぱ過ぎてそばと一緒に口へ入れないと食べられない程。それでも意地になって、全部食べきった。ふーっ。やったぜ!という感じ。それで、肝心のそばの味の方は?…そういえば、葉わさびに気を取られ過ぎて、すっかり忘れてしまいました(笑)。どちらにしても、950円は高いよなぁ〜


つんつんそば(温)950円
■道の駅らっせいみさと・そばの郷
■住所/岐阜県恵那市三郷町佐々良木1461番地の1

箱根峠

2012.10.14 23:46:26
20.jpg

国道1号線沿い、芦ノ湖が遠くに見える箱根の山にある道の駅。有名な観光地にあるため週末になると車でいっぱいになる。トイレと売店、食堂、最低限の施設があるだけのこぢんまりとした道の駅だ。箱根といえば蕎麦が有名なのだが、ここはおでんがおすすめということなのでおでんを注文する。出てきたおでんは皿ではなく丼に入って出てきた。温かいだし汁がたっぷり入っているのが嬉しい。中身は玉子、ちくわ、こんにゃく、大根、昆布、さつま揚げ、揚げボールと黄金の7種類。サイズは小さめだが、いろんな種類が食べられるのは嬉しい。特に玉子と大根は絶品。やっぱり寒いこの時期はおでんに限るなぁ。僕としてはここに大好きなちくわぶが入っていたら完璧なんだけどなぁ(笑)。それを抜きにしても眺めのいい場所で食べるおでんは格別だった。


おでん400円
■道の駅箱根峠
■住所/神奈川県足柄下郡箱根町箱根381番地22

長野市大岡特産センター

2012.10.09 20:41:39
19.jpg

松本と長野を結ぶ国道19号を走っていると白壁に黒木の建物が現れる。木の温もりが優しい道の駅長野市大岡特産センターだ。信州と言えば「そば」と言うことで定番の手打ちそばにする。このところ気温がぐっと下がり冷え込むようになったので、今日は温かい天ぷらそばを注文。さらに100円のおにぎりをプラス。おにぎりは手作りで椎茸や山菜が混ざっている。食べてみると添加物の多いコンビニのおにぎりとは違って、しっかりお米の味がする。山菜の味付けも田舎風。一方のそばとダシは平均的な味だが、上に載っている地元で採れた新鮮な春菊、さつまいも、えのきなどを使った天ぷらがおいしかった。


天ぷらうどん600円
■道の駅長野市大岡特産センター
■住所/長野県長野市大岡甲5275番地1

南アルプスむら長谷

2012.10.03 20:06:29
2012100311100000.jpg

長野県伊那市、国道152号沿いにある道の駅南アルプスむら長谷はオシャレな山荘風な建物で、広い芝生には白いテーブルが並んでいて、高原の避暑地のよう。レストランもあるが、今日は久しぶりにパンにする。ここで焼いているのでおいしそう。たくさんある中から迷いながら、トマトと野菜のカレー、コーンポテトピザパン、スイートポテトパイを買った。まず、コーンポテトピザパンから、上に載ったポテトがホクホクでチーズと絡まっていい感じ。ピザなのにマイルドで食べやすかった。トマトと野菜のカレーは、トマトが強くてフルーティ。僕好みの味だった。最後に食べたスイートポテトは絶品。甘いさつまいもとサクサクとしたパイ、最強のおいしさだった。ブログを書いていたらなんだかまた食べたくなってきた〜(笑)。他のパンもかなりの確率でおいしいはず。ぜひ、立ち寄ってみてください。


トマトと野菜のカレー157円
コーンポテトピザパン189円
スイートポテトパイ157円
■道の駅南アルプスむら長谷部
■住所/長野県伊那市長谷非持1400

飛騨金山ぬく森の里温泉

2012.10.02 21:08:23
2012100219510000.jpg

岐阜県中央部。国道256号沿いにある、道の駅飛騨金山ぬく森の里。僕が到着したのは夜7時半。この時間だと大抵の道の駅は閉まっているのだが、運良く夜も営業している道の駅だった。居酒屋のような店内に入り、メニューを開くと色々揃っている。そこでちょっと変わった名前の鶏チャン定食にする。鶏のいろんな部分をタレを絡めて焼いたものらしい。タレは赤が醤油、黒がにんにく味噌、黄がカレーだというので、黒にする。少し待つと鉄板の上でジュージューいいながら出てきた。小さく刻まれているので、口に入れると口の中で色んな食感が広がる。これは何だろう??などと噛みながら食べるのが楽しい。にんにく味噌との相性も良く、食がどんどん進む。量的に少しもの足りなかったが、満足いっぱいの夕食だった。


鶏チャン定食1000円
■道の駅飛騨金山ぬく森の里
■住所/岐阜県下呂市古川町上町1348-2

細入

2012.09.27 01:20:05
12.jpg

富山と高山を結ぶ国道41号線沿いにある道の駅細入。小さな食堂に入ると前から食べたいと思っていた富山市の名物、ブラックラーメンがあった!これしかないという感じで注文する。出てきたラーメンは予想通りスープが真っ黒。トッピングはチャーシュー、メンマ、コーン、ネギと一般的。では、いただきます!!黒醤油を使っているので確かに塩辛いのが、嫌な辛さではない。ついついスープの黒色ばかりに目が行ってしまうが、このスープ、独特のキレとコクがある。麺もシコシコとしていてスープとマッチングしている。白ごはんと一緒に食べるのが富山流ブラックラーメンなのだが、ごはんが食べたくなるのがわかる気がする。ラーメン屋でなくてこれだけおいしいのだ、市内にある有名専門店はどんな味なんだろう。すごく気になる。チャンスがあればぜひ、本物も食べてみたいと思う。


富山ブラックラーメン630円
■道の駅細入
■住所/富山県富山市片掛3-5

阿賀の里

2012.09.25 11:19:37
18.jpg 17.jpg

国道49号、阿賀野川沿いにある道の駅阿賀の里。阿賀野川ライン舟下りの基点、下船場にもなっている。かなり大型の道の駅で物産館、レストラン、資料館、公園広場など施設充実、このエリアの観光ポイントとなっている。階段で魚市場「魚匠」の2階にあるレストランへ。地方の大型食堂のような雰囲気、注文を取りに来たお兄さんに、メニューを見ると海鮮丼が1000円と手頃な値段だったので、海鮮丼を注文する。しばらくすると色鮮やかな海鮮丼が運ばれてきた。エビ、イカ、まぐろ、鯛、サーモンなどが載っている。いただきます。一度にいろんな種類の刺身が食べられる海鮮丼は、やっぱり海の丼の王道。これにして正解だった。小鉢で酢豚風に味付けされた煮野菜が付いているのだが、これも好みの味付けでおいしかった。海の幸が豊富な新潟へ来ているのに、海のものをまだ一度も食べていなかったので、この海鮮丼を食べてようやく、いま新潟にいることを実感した。


海鮮丼1000円
■道の駅阿賀の里
■住所/新潟県東蒲原郡阿賀町石間4301