“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

尾花沢

2012.06.30 20:33:16
2012063020040000.jpg 2012063020060000.jpg

山形県を縦に走る国道13号、バイパス沿いにある中規模サイズの道の駅。ここで目に留まったのが「スイカ」の文字。この周辺が名産直らしい。しかし、今年は例年よりかなり寒いせいか、まだあまり出回っていないよう。そこで目につけたのが、スイカのソフトクリーム。そういえば氷タイプは食べたことがあるけど、ソフトクリームはないなぁ〜。よし、食べてみよう!見た目は普通、赤みもそんなに強くない。いただきます!味はほとんどバニラで、うっすらとスイカの匂いと味が、する感じ。おいしけどもう少し、スイカの風味が欲し感じがする。「でも、この位が丁度いいのかもなぁ…」などと独り言呟きながら、ペロリ。もうひとつ見つけたのが、スイカサイダー。スイカのサイダーは初めて見た。飲んでみるとすごくおいしい。炭酸のスッキリとスイカのさっぱりがよく合っている。新しい味だが、とても飲みやすい。これは大正解。ぜひ、コンビニ置いて欲しい。


スイカソフトクリーム300円
スイカサイダー150円
■道の駅尾花沢
■住所/山形県尾花沢市大字芦沢1195番地1

月山

2012.06.28 20:01:52
2012062819250000.jpg 2012062819240000.jpg 2012062819220000.jpg

山形県、国道112号沿いにある道の駅月山に到着。一画に古民家風の建物、どうやら手打ちの蕎麦屋らしい。入ると古い家の匂いがほのかに香る、移築した本物の民家らしいが、天井も高く、部屋も広々としていることからかなり大きな家だったことがわかる。音楽が静かに流れていて、いい雰囲気。いつもとは一味違う。オーソドックスにざるそばを注文すると、本当の丸いザルに載って出てきたのでビックリ。東北の人の好みに合わせているのか、シコシコと歯応えがあり、また噛めば噛むほど蕎麦の優しい風味がしっかり伝わってくる、ざるそばだった。最後に蕎麦湯でシメ。道の駅ながら本格的な蕎麦が味わえるので、ここはおすすめです!!


ざるそば800円
■道の駅月山「そば大梵字」
■住所/山形県鶴岡市越中山字名平3-1

おがち

2012.06.24 15:15:14
2012062115310000.jpg 2012062115310001.jpg


秋田県南部、国道13号沿いにある道の駅おがち。今回の東北の旅、最初の道の駅。手間のかかる高価な山菜、手揉みぜんまいがこの土地の名物で、レストランではそのぜんまいを卵でとじた丼が一番人気らしい。ぜんまいの丼は食べたことがないので気になるが、比内地鶏の親子丼も捨てがたいなぁ〜と思っていたら、嬉しいことに両方が半分づつ載った、ぜんまい親子W丼なるものが存在していた!!迷わず注文!!


ぜんまいは適度な歯応えがあって、美味しい。玉子とも良く合う。正直、玉子はもう少し柔らかい、半熟の方が好みかなぁ。地鶏はコクがあり弾力的、やはり普通の鶏はちょっと違う。ふたつをいっぺんに味わえるW丼、どちらも食べたいという人におすすめです!!


ぜんまい親子W丼1050円
■道の駅おがち
■住所/秋田県湯沢市小野字橋本90


風穴の里

2012.06.21 00:17:14
2012062023370000.jpg 2012062023400000.jpg

飛騨高山から国道158号で安房峠を越え、松本へ向かう。峠道を下るとトンネルが延々と続く、ダム湖に沿ってしばらく走ると道の駅風穴の里が見えてくる。松本から上高地などへ向かうバスの中継地になっているらしく、次々に観光バスがやって来る。建物に入ると奥がレストランになっていた。一覧表を見ると「山賊焼定食」なるネーミングのメニューがあり、すぐに飛び付いた。


出てきた定食は想像の三倍おいしそうだった。竜田揚げされた大きなチキンは、肉厚で超柔らか、噛むとジューシーな肉汁がジュワッと口の中に広がる。衣がまたニンニクしょうがが効いていて、激ウマ。こんなに美味しい鶏肉、久々に食べた。豆腐、煮物、漬物、サラダとサイドも充実。チキンを魅力をさらに引き立てる。味もボリュームも満点満足のランチだった。


■山賊焼定食1000円
■道の駅風穴の里
■住所/長野県松本市稲核

能登食祭市場

2012.06.17 23:02:16
2012061722310000.jpg

能登半島の真ん中、七尾にやって来た。港にある能登食祭市場は四季折々、新鮮な海の幸が食べられることで人気のある道の駅。一階は魚市場が中心に能登の特産物が売られ、2階はレストラン街「能登グルメ館」になっている。和食、ラーメン、洋食いろいろある中から洋食のレストラン「フィッシュ&チップス」を選んだ。この店のパエリアがとてもおいしそうだったからだ。ナプキンが出てくるちゃんとしたレストランで、出てきたパエリアも豪華だった。エビ、イカ、ムール貝、あさりなどシーフードがどっさり載っている。食べてみるとごはんにシースードのおいしいエキスがギュッと染み込んでいて、これだけでもかなりおいしい。さらにこの上に新鮮で大きく食べ応え十分のシーフードがドカドカ載っているのだからたまらない。正直、本場スペインで食べたパエリアよりもおいしいんじゃないか?と思ったほど美味。値段はそれなりだが、それだけの価値は十分にあるパエリアだと思った。


魚貝パエリア1350円
■道の駅能登食祭市場「fish&chips」
■住所/石川県七尾市府中町員外13-1

しらやまさん

2012.06.10 21:48:25
45.jpg 46.jpg

石川県の国道157号沿いにある道の駅しらやまさんに立ち寄る。レストラン&売店の建物に大きく「ちゃーしゅう1番」と書かれた看板。今日のごはんは決定だな、ということでちゃーしゅう麺にする。味は塩、醤油、味噌の3種類があるというので、ここは一番人気の醤油にする。10分ほどすると運ばれてきた。おーっ、すごい。ドデカイちゃーしゅーが麺の上にドンドンと5つも載っている。食べてみるとちゃーしゅうは柔らかく、肉の旨味がぎゅっと凝縮されていた。厚みといい、量といい、食べ応え十分だ。次にスープ、鰹、貝柱等を使った醤油スープはサッパリしているようで、ダシがしっかり効いている。麺はオーソドックスな食感でクセはない。食べ始めると意外とボリュームがあり、食べ終えた後にはラーメンなのにまるで肉料理を食べたような充実感に包まれた。お腹いっぱい。ハラペコ野郎にはおすすめのラーメンです。


ちゃーしゅー麺980円
■道の駅しらやまさん
■住所/石川県能美市和佐谷町194

みくに

2012.06.07 19:15:35
44.jpg

福井屈指の観光スポット東尋坊を訪ねた後、日本海に沿って国道306号を南下する。そこで最初に現れたのが道の駅みくに。施設に入ると地域の名産、らっきょうの甘い匂いがプンプン漂っている。お土産コーナーにはらっきょう関連のお土産がズラリ並んでいる。これはすごい…。実は、僕の数少ない苦手な食材がらっきょう(笑)。なのでほとんど見ることもなく足早にレストランへと向かう。おすすめ料理もやっぱりらっきょうを使った「花らっきょうラーメン」などのようだが、、ここはもうひとつの人気メニュー、エビフライカレーにする。すみません。「おおっ大きい!」出てきたエビフライはなかなかのビックサイズ。15cm位あるだろうか。食べると衣はサクサク、身もプリッとしている。カレーは甘口で一般的なレベルだが、エビフライがあるだけでワンランク上に感じる。量も多く食べ応え十分。サラダ付きというのも嬉しい。おいしく食べることができました。最後に一言、添え物のらっきょう残しちゃって、ごめんなさい!


エビフライカレー800円
■道の駅みくに
■住所/福井県坂井市三国町山岸67-3-1

池田温泉

2012.06.02 19:15:51
2012052812480000.jpg


岐阜県大垣市から国道417号を少し北へ行ったところから、さらに県道を数キロ西へ走ったところに道の駅池田温泉がある。名前の通り、温泉施設がメイン。温泉を道を挟んだ反対側に、小さな店舗が連なった施設がある。食べ物屋もいくつかある、どこに入ろうかウロウロ…。悩んだ結果、最も興味をそそられた「ピリ辛どてラーメン」のある店に決める。いい天気なので外のテーブルで食べても大丈夫か聞くと、持ってくれるという。やった。でてきたラーメンは、ジャジャ麺のような感じでスープはなく、茹でた麺の上にどて煮とレンコン、ニンジンなどが載り、ピリ辛のタレがかかっていた。かき混ぜて食べると、辛いタレとどて煮と麺が、いい感じで融合する。まさに韓国と日本のコラボレーション。大満足だったが量的に少な目が残念だった。なので食後に豆乳ソフトを食べる。豆の匂いがあまりキツくなく、まろやかな舌触りの食べやすいソフトクリームだった。


ピリ辛どてラーメン650円
豆乳ソフトクリーム300円
■道の駅池田温泉
■住所/岐阜県揖斐郡池田町片山


菰野

2012.06.01 00:52:47
2012052715260000.jpg 2012052715390000.jpg

滋賀県から鈴鹿山脈を越えて三重県に入った。国道477号沿いに現れたのが道の駅菰野。小さな食堂に入ると午後3時を過ぎているため名物の丼は終わっていて、いくつかのメニューしか出せないという。ならば食べたことのない「ひっつみ汁」にしてみる。少しするとおばちゃんが、「終わりだから少し多目にしておいたわよ」と笑いながらひっつみ汁をテーブルに置いた。食べてみると味も内容もほとんどお雑煮。九州でいうだご汁だった。ごぼうやニンジン、しいたけ、鶏肉、里芋などの具がゴロゴロ入った醤油ベースの汁に一口サイズの団子がポツポツ入っている。シンプルな日本の懐かしい、ほっとする味だった。量的に少なかったのでデザートでまこもアイスを追加注文した。まこもは沼や川に群生するイネ科の多年草で栄養満点の健康食材らしい。緑色の方は抹茶風味、茶色の方はチョコレートに近い感じで、食べやすかった。味はまあまあかな。どちらにしても初めて食べる味だった。


ひっつみ汁400円
まこもアイス300円
■道の駅菰野
■住宅/三重県三重郡菰野町菰野2256