“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

あらエッサ

2011.10.29 12:39:45
2011102911480000.jpg 2011102911390000.jpg

国道9号線、米子から松江に向かっていると道の駅のサインが現れた。えっ? おかしいなこの駅地図に載ってないけど? 入って確認すると今年の4月にできたばかり、できたての道の駅だった。午後5時過ぎ、あと30分もすれば日が暮れるだろう。売店をウロウロしていると惣菜、お弁当を売るコーナーを見つけた。そこに、何と「半額」の文字。そう、スーパーマーケットのように閉店時間近くになると、道の駅でも売れ残りのお弁当等が値引き販売されることがあるのだ。


その中に「おばちゃん弁当」、賑やかなおかずが盛りだくさん、すごくおいしそうなお弁当。それが通常500円でも安いのに、これが250円ってこと!? これは絶対に安い。食べたい。鷲掴みにするとレジに走る(笑)。お金を払うと思わず「やったね!」とガッツポーズ。内容は鶏の唐揚げ、さば味噌、コロッケ、キャベツ炒め、ニンジン・椎茸・タケノコ・コンニャクの煮物、卵焼き、トマト、リンゴ、漬物が2種類。どれもおいしそう。飾り気のない、素朴なおばちゃんの手作りの味が胸に染み渡る。このタイミングで、こんな風にこのお弁当に出会えたことに感謝。ごち走さまでした!!


おばちゃん弁当500円→250円
■道の駅あらエッサ
■住所/島根県安来市中海町118番地1

蒜山高原

2011.10.26 21:15:37
P1005768.jpg

高原にある気持ちのいい道の駅に到着。隣接するホテル蒜山ヒルズのレストランに入ってみる。窓が広くてすごく開放的。庶民的な感じではなく、ホテルらしく値段はちょっと高め。ジャージー牛がおいしいということなので、奮発して「石焼きジャージーハンバーグセット」を注文した。


15分ほど待つとジュー!という肉が焼ける音と共に料理が運ばれてきた。焼かれた石の上に千切りキャベツが載り、その上に野球ボウルより少し小さな球形ハンバーグ。デミグラスソースをかけるとジュワーーーッ!とさらに音が大きくなる。いただきます。食べてみると、肉が適度に歯ごたえがあっておいしい。濃厚なソースとの相性もばっちり、甘みのあるキャベツと一緒に食べると、さっぱり感が加わりさらに旨みが増す。しかし、ハンバーグだとごはんがよく進む、あっという間に完食。値段の価値はある、高原のハンバーグでしたよ!


石焼きジャージーハンバーグセット1500円
■道の駅蒜山高原
■住所/岡山県真庭市蒜山富山根694-129

舞鶴港とれとれセンター

2011.10.22 12:03:22
P1005723.jpg P1005725.jpg


日本海に出ました!!最初に立ち寄った道の駅は魚、カニ、貝などなど…海産物がいっぱい、海の香りがプンプンしている。せっかく海にいるんだ、新鮮な海の幸を食べよう!!


市場風の大きな建物の一角に海鮮ものを揃えた丼屋があったのでin!!種類が多く迷った末、いくら&ネギトロ丼に決めた。観光地なので正直、あまり期待していなかったが、いくらプチプチ、海鮮の量もたっぷり、とてもおいしかった。これで1400円が安いのか高いか、よくわからないけど、かなり幸せなランチでした。
いくら&ネギトロ丼1400円
■道の駅舞鶴港とれとれセンター
■住所/京都府舞鶴市字下福井905


丹波マーケス

2011.10.19 19:56:43
P1005716.jpg P1005715.jpg


京都にある国道9号線沿いにある、道の駅丹波マーケスはスーパーマーケットやホームセンター、専門店等が入ったショッピングセンターだった。フードコートにはマクドナルド等もあり、何だかすごく賑やか。その一角にラーメン屋があった。壁を見ると「黒ラーメン」の文字。早速チャレンジだ!!


番号札と引き換えに渡されたラーメンはスープどころか、麺まで黒っぽいではないか。こんなラーメン初めてだ。さあ、味の方は…??「おおおっ!」麺はシコシコ歯応えがあり、スープはビリッと担々麺風。麺は内モンゴル産の蒙古王かんすい、そして天然塩を使っているという。なるほど、どうりでうまいわけだ。また、黒くするために黒ゴマ、黒大豆、黒酢を使っているとか。これは疲労回復、滋養増強、二日酔いなどにいいらしい。おいしく安い上に、健康にもいい。黒ラーメンは買いですよ!!


黒ラーメン480円
■道の駅丹波マーケス
■住所/京都府船井郡京丹波町須知色紙田3-5


どまんなかたぬま

2011.10.15 23:13:20
P1005234.jpg

栃木県佐野市にある道の駅どまんなかたぬま。町の中にある駅で、内容盛りだくさんで設備自体も新しそうだ。販売所をウロウロしていたところ、おいしそうな三色丼を見つけた。量的に物足りなそうなので佐野名物いもフライを追加した。
この三色丼、コーンやキノコも入っていて、色もカラフル、何だかオシャレ。味付けも薄味なので食べやすく、すごくおいしかった。いもフライは素材を生かしたは素朴な味わい、食べ応えもあり、大満足だった。しかし、いもフライが佐野の名物とは驚き初めて知った。サクッと気軽に食べられるライトなランチだった。


三色丼500円
いもフライ(2本)150円
■道の駅どまんなかたぬま

竜王かがみの里

2011.10.13 23:16:37
P1005627.jpg

旅再開。久しぶりに関西地方にやって来た。三重県から峠を越えて滋賀県入り、最初に立ち寄ったのが国道8号沿いにある、道の駅竜王かがみの里。この辺りは近江牛が有名、しかしお腹の具合からステーキという感じではない(一時間半前に牛丼弁当を食べた)ので、駅内にあるパン屋さんをチェック。近江牛を使ったコロッケパンとおいしそうな黒豆パンがあったので購入。さらに売店で竜王白桃プリンなるものを発見。豪華版おやつタイムにする。
近江牛コロッケパンはひき肉たっぷり、おいももホクホク。絡まっているソースの加減もちょうどいい。また黒豆パンも豆が持っている自然の甘さが心地よく、柔らかく口の中に広がる感じでおいしかった。最後のプリン、ずっしり重く濃厚。桃の味がしっかり生きてる絶品プリンだった。たまには、豪華なおやつもいいもんだなぁ。ぜひまた食べてみよう!!


近江牛コロッケパン200円
黒豆パン130円
竜王白桃プリン260円
■道の駅竜王かがみの里
■住所/滋賀県蒲生郡竜王町大字鏡1231-2

かわさき

2011.10.08 22:58:55
01_2.jpg 02_3.jpg

岩手県の一関市。北上川にかかる橋のたもとにある道の駅。食堂に入ると川崎名物ほどいもラーメン、ほどいもうどんと書かれたポスターを見つけた。ほどいもって何?聞いたことがないけど。説明書きによると地面に延びた茎に数珠状にできる豆科の植物で、鉄分や植物繊維など栄養価がとても高い食品らしい。


とにかく試しに、ほどいもうどんを食べてみることにする。するとこの麺、めちゃくちゃコシがある。まるで太めのラーメンのようだ。歯ごたえと喉越しがとてもいい。ダシは東北らしく甘めだ。掻き揚げ天ぷらは珍しく舞茸入りでサクサク、シコシコ。おにぎりの具は梅干しで、まさにお袋の味という感じだった。ほどいもを使ったモノは他に、まんじゅうやかりんとうもあるらしいので、気になる人はぜひ一度お試しあれー!


ほどいもうどんセット800円
■道の駅かわさき
■住所/岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42-3

寒河江

2011.10.05 20:25:12
01.jpg 02_2.jpg 03.jpg

山形を走る国道112号。到着した道の駅寒河江はかなり大型の施設だった。さくらんぼ会館、チェリーランドさかえ、チャリーパークのほか、トルコのモスクの形をしたトルコ館まである。このトルコ館は寒河江市と姉妹都市トルコのギレスン市を結ぶ、その友情の証らしい。外の軽食コーナーを歩いているとトルコの店を発見した。「おおおっ、珍しい、ドネルケバブだ!」。串が刺さった巨大な肉の固まりが火に炙られながら回転する、その肉の表面を刀で削ぎ落とし野菜をパンで包む。トルコ版のサンドイッチ(ハンバーガー?)がドネルケバブ。実はこれトルコの人気のファーストフードなのだ。以前トルコを旅したときは毎日のように食べていた、大好きなメニューだった。


そんな異国の料理が、遠い山形で食べられるとはビックリ。トルコ人らしき店員さんにドネルケバブを注文すると、日本語を流暢に話すのでビックリ。昔バイクでトルコを旅したことを話すと、すごく嬉しそうな顔になった。5分ほどで出来上がるとケバブと一緒にチャイ(トルコ紅茶)をサービスしてくれた。香ばしい焼肉、歯ごたえのあるキャベツ、ピリ辛ソースがピッタンコ。ボリュームも満点。食べながら店員さんとトルコの話題で盛り上がる。異国情緒が味わえる道の駅寒河江はかなりオススメ。ぜひ本場トルコのドネルケバブを味わってみよう。



■ドネルケバブ550円
■道の駅寒河江
住所/山形県寒河江市大字八鍬字川原919-6

道の駅岩城

2011.10.01 18:15:07
26899ec17353420574ec45d118a27c13.jpg 02.jpg

東北地方の日本海沿いを走る国道7号線。午後6時過ぎに海のすぐ横に立つ道の駅岩城に到着した。大きな風力発電の風車やキャンプ場、日帰り温泉まである大型の施設。建物がいくか並んでいる北側に、ウッディなレストランが建っている。レストラン「ケベック」は洋食レストラン。今日はあいにくの天気だが、海が眺められるテラスがあり、そこで食べられたら気持ちよさそう!


色々迷った末、煮込みハンバーグ&エビフライを注文する。10数分待つと、湯気を上げたおいしそうなプレートがテーブルに運ばれてきた。おおっ、これはボリューム満点。特にエビフライは予想を遥かに上回るビックサイズ。やったね。コッテリ系のソースと柔らか食感のハンバーグが良く合う。また海老フライにかかったタルタルソースも絶品。もちろん海老もプリプリ。スープ、サラダ、ライス付。味量共に大満足の夕食となった。景色も良くお店の雰囲気も素敵なので、次は晴れた日に外のテーブルでぜひ食べてみたい。


煮込みハンバーグ&エビフライ1280円
■道の駅岩城
■住所/秋田県由利本荘市岩城内道川字新鶴潟192-43