“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

たまつくり

2011.09.29 00:16:35
02_2.jpg

茨城県といえば霞ヶ浦。雄大な霞ヶ浦が目の前に見える道の駅がたまつくり。時間が早いのでまだレストランは開いていないので、軽食コーナーに行ってみる。壁に新発売「かもパックン」の文字。ご当地グルメの行方バーガーのひとつで、どうやら鴨肉を使ったハンバーガーらしい。他に鯉やナマズを使ったパックンもあるが、いまいち食欲が湧かないので(笑)鴨肉を使ったかもパックンにする。


鴨と鶏の合い挽きのパテはつくねのような食感。そこにテリヤキ風の甘口醤油がかかっている、スライスネギとレタスが挟まっていて、いい感じで味が調和されている。まあまあおいしいけど、正直なところ単品で380円はちょっと高い気がする。ぜひ次はナマズ肉を使った「なめパックン」に挑戦したいと思ってます!


かもパックンセット480円
■道の駅たまつくり
■住所/茨城県行方市玉造甲1963-5

やいた

2011.09.25 23:13:35
d6fb4ce68312af1ee7ee9e57bb8a268d.jpg

思わぬところで道の駅の標識が現れた。地図を広げるが載っていない。おかしいなぁ??新しくできたのかなと思いコンビニに入り、最新の地図を見ると、あった、あった、ありました!実際に着いてみると、建物も新しく、今年の4月にオープンしたばかりだという。レストランはいろいろなメニューがあるけど、今日は久しぶりに好きなカレーを食べることにする。なぜかカレーって定期的に食べたくなるんだよなぁ。


牛すじ煮込みカレーを注文。出てきたカレーの横にかぼちゃ、なす、ニンジンなどカラフルな温野菜が並んでいておいしそう。カレーは甘口でフルーティ、そこにグツグツ煮込んだ牛スジがカレーにトロ〜リ溶け込んでいる。予想以上にコクがある。カレーのルーに野菜を絡めごはんにかけて食べる。うまい!!どうしてカレーライスはいつ食べてもおいしいんだろう。漬物、サラダ、アップルジュース付きで650円なら安い。おいしいカレーでした。


牛すじ煮込みカレー650円
■道の駅やいた
■住所/栃木県矢板市矢板114番地1

龍勢会館

2011.09.21 12:09:45
2011092111350000.jpg

埼玉県の秩父にある田舎の道の駅。連休の土曜だというのに、人はちらほらいる程度、駅全体にまったりとした空気が流れている。食堂に入ると外が見える窓際に席を取った。


田舎風の飾りのない店内、ごはんに黒米を使っているというので、ごはんが食べられるもつ煮定食にする。黒米ごはんは噛めば噛むほど甘味が出てくる感じでおいしい。大根、ニンジンと一緒にみそで煮込まれたもつ煮は、野菜は柔らかく味がよく染み込んでいる。もつは適度に弾力があり、こくのある味わい。ごはんが進む。サッパリとした冷奴との相性も最高。田舎らしい風景にピッタリな、素朴で味わいのある定食だった。


もつ煮定食700円
■道の駅龍勢会館
■住所/埼玉県秩父市吉田久長32

富士吉田

2011.09.17 22:13:46
P1005349.jpg P1005350.jpg


富士の裾野、国道138号沿いにある道の駅富士吉田。食堂に入ると吉田うどんがあった。吉田うどんは結構有名なんだけどまだ一度も食べたことがない。いつか食べようと思っていたので大チャンス!!かけ、わかめ、肉、カレー、冷やし…などの中から、肉うどんを選ぶ。


箸で麺を摘むと太くて弾力がある。讃岐うどん並み、いやそれ以上か!。そして、よく見ると中華麺のように少し黄色味がかっている。ダシは醤油味噌。具はねぎ、キャベツ(珍しいが吉田のうどんの定番)、そして味つきの馬肉が載っている。揚げ玉はかけ放題。食べてみると、これが絶品。口の中で麺が暴れる感じがたまらない、すごい弾力だ。ズルズルシコシコ進む。ダシもうどんとしては初めての感覚、醤油味が強く関東風のダシなんだけど、味噌が入っているので、一味違っている。ラーメンのダシと関東うどんのダシを合わせたような感じだ。肉も柔らかくておいしい。濃い目の連中が多いのでそこをキャベツがうまい具合に中和してくれている。吉田のうどん、なんだか病みつきになりそうです!!!


肉うどん450円
■道の駅富士吉田
■住所/山梨県富士吉田市新屋1936-6番地


てんのう

2011.09.14 21:16:53
02.jpg 76644bdbbf25175b89a072d678efe6e5.jpg

秋田県の国道101号沿いにある道の駅てんのう。高さ59mの天王スカイタワーが中心に立つ大型の道の駅。郷土の味「くらかけ食堂」に入る。たまには豪勢に行きたいな!ってことで、中身盛りだくさんの「くらかけ弁当」にした。


出てきた「くらかけ弁当」は900円とは思えない充実内容。お刺身2種類、海老、ローストビーフ、サラダ、玉子焼き、キンピラ、漬物、味噌汁、デザートまで付いていてこの値段はラッキーかも。もちろん味も量も大満足、最高のお弁当だった。調子に乗った僕は食後、ついでにまろみそソフトクリームも食べちゃいました。これも味噌の香りがキャラメル風な感じで香ばしく、とてもおいしかった。この後、上機嫌笑顔で走り出したことは言うまでもないだろう!


くらかけ弁当900円
まろみそソフトクリーム260円
■道の駅てんのう
■住所/秋田県潟上市天王字江川上谷地109-2

遠野風の丘

2011.09.10 11:10:58
992454984fe8b81db3b67b512514a1c9.jpg

東北民話のふるさと岩手県遠野にある、道の駅遠野風の丘。ここは僕にとってかなり親しみがある道の駅だ。なぜなら両親の生まれ故郷がここ遠野で、先祖のお墓があったり、夏の間だけ母親が遠野で暮らしていたりするため、何年かに一度は訪れている道の駅なのだ。しかし何回も来てるのにここで食事をしたことが一度もない。今回が初めて、さあ、どんなものがあるんだろう?


レストランにはジンギスカン(実は遠野では昔からよく食べられている)、馬肉ラーメンなど結構個性的なメニューが揃っていた。その中で食べたことがなく、一番気になったのが「冷やしひっつみ」。ひっつみは小麦粉を練ったものですいとんの一種(ワンタンの皮のような感じ。岩手県の郷土料理)。それの冷やし版ってどうなんだろう?ってこと食べてみた。するとこれが、かなりおいしい!! 鶏ガラだしの冷たいスープと大根おろし、白きくらげが爽やか。それと一緒に冷たいひっつみを食べるのだが、冷たい方が弾力があって断然おいしい。冷やし中華でも素麺でも冷麺でもいない、新しい味。全国区になってもおかしくない味、新しい遠野のB級グルメとして、ぜひ売り出して欲しいなぁ〜!


冷やしひっつみ600円
■道の駅遠野風の丘
■住所/岩手県遠野市綾織町新里8-2-1

ルート229元和台

2011.09.07 17:16:06
01.jpg 4f5a7ad639b65db82c26d994efa557e6.jpg

たまには簡単なものが食べたいなぁと思っていたら、いいものがあった!見た目は函館の名物「イカめし」にそっくりだが、中身はごはんではなく、ゆで玉子という変わり種。その名も「いかたまくん」。乙部町の名物らしい。食事としては量的に物足りないけど、お土産やお酒のつまみやおかずにイイのではないかということで、お土産に買って帰ることにした。


イカめしと思いこんでいた母親は「ごはんじゃなく、玉子が入ってるわよ!」と驚き。その後「おいしいけど、やっぱりイカめしの方がおいしいわね〜!」と本音を漏らした。確かに(笑)。弾力のあるイカの食感とゆで玉子の相性はいいんだけど、イカの風味が玉子に染み込んでいないので、イカめしのような一体感がない。イカと玉子のおいしさが平行線なのだ。新しい食べ物だと思って食べればいいんだろうけど、どうしてもイカめしと比べてしまう。では、単純にひとつの食べ物として見た場合はどうか?…うーん、まずまずかなぁ(笑)。結果的にも、微妙な評価となってしまった「いかたまくん」なのでした。みなさん、ぜひ一度お試しあれ。


いかたまくん400円
■道の駅ルート229元和台
■住所/北海道爾志郡乙部町字元和169

花ロードえにわ

2011.09.04 21:57:00
04.jpg 03.jpg

苫小牧から札幌へ向かう途中、花の咲く美しい道の駅に到着した。花ロードえにわだ。中に入ると奥に全面ガラス張り、明るく開放的なレストランがあった。メニューは洋食がメイン。その中に丸いパンの真ん中をくり抜き、そこへホワイトシチューを入れたメニュー「おしゃれランチ」があった。それが昔、サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフで食べた「クラムチャウダー」にそっくり! それがとてもおいしかった記憶があるので注文する事にした。


「おおおっ、やっぱり、おいしい!」パンをちぎってシチューに付けて食べる。どんどん進む。パンとクリーミーなシチューが良く合う。さらにサイドも凝っていて、生サーモンがくるりと巻いてあったり、肉厚のローストビーフが付いていたり。さらにサラダもグリーンサラダとポテトサラダ、2種類付いていたり。名前の通りなかなかおしゃれで豪華な内容。コテコテの道の駅ごはんに飽きた人、また女性にもピッタリなランチだと思います。シチューをこぼさないように注意しながら、周りのパンをうまくちぎって食べるのがコツです。うまく食べられるか!?味だけでなく食べ方も楽しめるランチです!


おしゃれランチ840円
■道の駅花ロードえにわ
■住所/北海道恵庭市南島松817-18