“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

田園の里うりゅう

2011.06.29 21:39:40
2011062920370000.jpg 2011062920340000.jpg

北海道2日目。今日は日曜日。札幌市の北、雨竜郡にある道の駅田園の里うりゅうはたくさんのお客さんで賑わっていた。レストランの写真入りメニューの中に珍しく釜飯を見つけた。写真を見ると豪華、北海道の釜飯というのも気になる。よし、食べてみよう!


15分程で運ばれてきた。小さな釜の蓋を開けると湯気がフワッと上がった。うーん♪何種類かある中で、僕が選んだ竜釜飯セット。これには海老、かに、ホタテ貝、シャケなど…海の幸がたくさん、確かに載っているけど、おいおい〜これ、具材が写真よりかなり小ぶりじゃないか〜!?と、エアツッコミを入れる(笑)ごはんはホクホク、海の幸の味が染み込んでいてなかなかおいしい。少し時間が経つとおこげができるので、また別の食感も楽しめるのも良かった。ただ量は少な目、蕎麦付きのセットにしておいて正解だった。大満足。レジで精算していると、ななな〜んと!!ソフトクリーム(普通に買うと300円)がついているというではないか。知らなかった、これはお得&ラッキー!大満腹のランチとなりました!!!


竜釜飯セット1050円
■道の駅田園の里うりゅう
■住所/北海道雨竜郡雨竜町字満寿23番地3

しんしのつ

2011.06.25 13:43:56
P1004030.jpg P1004028.jpg


北海道上陸初日。札幌から国道275号を北上。あるはずのないところに道の駅の標識。ムムムッ…と思い地図を広げるが載っていない。どうやら最近できた駅らしい。危うく見逃すところだった。国道を逸れて走ること14キロ、平原の真ん中に駅が現れた。


中心にある食べ放題も大いに気になるが、週末のため満席。もうひとつのレストランへ行くと、ある意味北海道らしいメニューがあった!!何と、鹿肉。鹿カルビ定食880円。食べたことないし、北海道一食目としてはいいかも!!決定!!


食べてみると意外にもイヤな匂いもなく、とても柔らかい。へえ〜、鹿肉っておいしいんだぁ。味は牛肉と豚肉の中間。甘めのタレ、モヤシ炒めともいい相性。チャンスがあったらぜひ一度味わってみてください!!


鹿カルビ定食880円
■道の駅しんしのつ
■住所/北海道石狩郡新篠津村第45線北2番地


いが

2011.06.21 15:50:31
01_4.jpg 02_4.jpg

三重県亀山市と奈良県天理市を結ぶ自動車専用道路「名阪国道」にある道の駅いが。名阪国道は原付で走れないため、国道25号から裏口を目指す。国道沿いには道の駅入口の標識は見当たらず、わかりにくかったがどうにか裏口までやって来た。従業員用の狭い通路を抜けて、やっと到着した。設備は高速のパーキングエリアのような雰囲気でレストランと売店、情報休憩施設、公衆トイレなどがある。


レストランのメニューで目に入ったのが「ジャンボチキンカレー」。これがかなりのサイズ。腹も減ってるし、よし、今日はこれに挑戦しよう。受け取ったジャンボチキンカレーは文字通りジャンボ。カレーもおいしそう。どれくらいか測ってみるとなんと、割り箸よりも長い(笑)。20cm以上ありそうだ。


いただきます。チキンカツの衣はサクサク、チキンはジューシー。カレーは甘口、具は溶けているのかほとんど見当たらない。食べてみると大きさだけでなく味もいける。これなら全部食べられる、と思っていたら、チキンカツが残り3切れのところでいきなりペースダウン。突然食べられなくなった。うーっ、どうしたーかんいち!? その後はペースを落とし、一口一口ゆっくりと少しずつ、口に入れる。そして最後の一切れ… やった、ついに、完食! ああ、もう何も入らない… いつになく、チャレンジ精神溢れるランチタイムとなった。


ジャンボチキンカレー880円
■道の駅いが
■住所/三重県伊賀市柘植町6187-1

メルヘンおかべ

2011.06.19 12:10:14
58.jpg 57.jpg


続けて国道8号沿い。次に訪れたのは背後になだらかな山が連なる平野に作られた道の駅メルヘンおかべ。円形の交流広場やドックラン、足湯もある大型の施設。そこで気になったメニューがもつ煮込みうどん。もつは一晩じっくり時間をかけて煮込んだ自慢の逸品らしい。よし、決定だ。


鉄鍋に入って出てきたもつ煮込みうどんは湯気が上がり、見るからにおいしそう。もつは柔らかくコクがある。麺は氷見手延べうどんを使用。これが思っていたよりも太目でコシがある。シコシコ&モチモチのうどんは喉越しが良く、僕好み。ダシは北海道昆布を使用、甘めの味付けでこれまた僕好み。これかなりいけます、好みです。熱々なので、フーフー息をかけながら食べましょう!!


もつ煮込みうどん780円
■道の駅メルヘンおかべ
■住所/富山県小矢部市桜町1535-1


カモンパーク新湊

2011.06.15 22:11:12
02_3.jpg 01_3.jpg

国道8号沿いにある大型の道の駅。富山湾に面した射水市の名物は白えび。世界でも富山でしか漁が行われない珍種で、甘さは甘エビを凌ぐと言われてる。レストランのメニューも白えび物が多い。その中で、さあどれを食べようか?最近は丼物ばかりなので、何か違うのがいいなぁ。そこで選んだのが夏限定のそうめんセット。そうめんの上に名物の白えびがトッピングされていて、さらにミニ白えび丼付なのでこれに決定。


出てきたそうめんは涼し気。揚げえび、茹でえび、玉子、椎茸、みょうが、わかめ、大葉などがカラフルに色を添えている。暑いこの時期はやはり冷たい麺は格別。ズルズルシコシコ…この喉越し、たまらない。載っている具も2種類のえびもそれぞれ別の食感が楽しめるのが嬉しい。甘エビ丼も衣サクサクでえびが甘い。大きくはないが、その分味にコクがある。量的にも大満足。夏の暑い季節にピッタリのセットメニュー、おすすめです。


そうめんセット880円
■道の駅カモンパーク新湊
■住所/富山県射水市鏡宮296

飛騨白山

2011.06.11 19:02:05
02_2.jpg 01_2.jpg

飛騨高山から白川郷へ向かう国道156号沿いにある道の駅飛騨白山。山々に囲まれた自然たっぷりの駅で、吹き抜ける風が気持ちいい。 小さな道の駅でレストラン等はなく、そばや団子を売る
売店があるだけ。でもハラペコなので何か食べたい。今日は青空だし、外にテーブルもある、こんな場所なら何を食べてもおいしいだろう。メニューを見て、かきあげそばと名物のみだらし団子を注文する。


10分ほど出来上がるとイスに腰掛け、景色を眺めながら食べる。味は多分普通レベル(立ち食いそば)だと思うけど、シチュエーションがいいのでメチャクチャうまく感じる。いや、そばは本当においしいかも(笑)。団子も適度に弾力があり、コンビニ物より数段おいしい。また塗られた甘醤油タレも甘すぎず、食べやすい。こちらも予想以上においしさ。明るい太陽の下、上機嫌のランチタイムとなった。


かきあげそば550円
みだらし団子1本70円
■道の駅飛騨白山
■住所:岐阜県大野郡白川村平瀬高ダイ516番地62

うなづき

2011.06.08 12:17:33
03.jpg 01.jpg 02.jpg

国道から大きく外れた田園地帯にある道の駅で、向かう途中の道から雪を載せた北アルプスの山々が遠くに見える。この辺りは宇奈月ビールが有名で、道の駅にはおみやげ屋の他、ビール醸造工場併設型のレストラン「宇奈月麦酒館」がある。 時
間が早く残念ながらレストランはオープン前。どうしようか?と思っていたところ、ウインドーに貼られたポスターが目に入った。絶賛のうまさ!美肌バーガー小町のコピーと写真。これはおいしそうだ。テイクアウトコーナーの人に聞くと、美肌バーガーならできるというのでお願いすることにした。


食べてみるとこれがおいしい。バンズはコシヒカリを使った米粉パンでモチモチ。挟まれたポークの角煮は柔らかく、口の中でとろけそう。間にある無農薬栽培のリーフレタスの食感も心地いい。栄養と味のバランスが取れたおしゃれな美肌バーガーは女性におすすめ。男性の場合は量的に物足りないと思うので、食事ではなくおやつと考えた方がいいかも。ぜひ、名水を使った黒部のモルト麦茶と一緒にどうぞ!


美肌バーガー小町250円
黒部モルト麦茶150円
■道の駅うなづき
■住所/富山県黒部市宇奈月町下立687

日義木曽駒高原

2011.06.04 23:32:38
e9b1a0c6a37dd74c701ad880198146e4.jpg

名古屋と塩尻を結ぶ国道19号。信州木曽路、木曽駒ヶ岳が見えるところにある道の駅日義木曽駒高原。食事処「巴ともえ」に入ると、初めて聞く名前の料理があった。「すんきとん丼」全くもってどんな料理か見当も付かない名前だ。これはぜひ食べてみなくてはと思い注文した。


出てきたのはごはんの上に野沢菜のような漬物と豚肉が載っていた。漬物の丼とは珍しい。んんっ?食べてみると漬物のようなのに何だか酸味がある。これは不思議な味。実はこの漬物が「すんき」。赤カブの葉を植物性乳酸菌で発酵させたもので、乳酸菌が活きたまま腸まで届く、いま注目の健康食品だという。クセがあるこの味は初体験だが豚肉との相性は悪くない。ひと味、いや、ふた味違う変わり種の丼だった。


すんきとん丼750円
■道の駅日義木曽駒高原
■住所/長野県木曽郡木曽町日義4730-3

信州蔦木宿

2011.06.01 17:55:08
9994cb0b0e53df89664c5f681da14a25.jpg

東京と塩尻を結ぶ甲州街道、国道20号線沿い。山梨県と長野県との県境近くにある道の駅信州蔦木宿。山々に囲まれ、すぐ側を川が流れる、自然豊かな道の駅。大きな駐車場を構えいるため東京から八ヶ岳、諏訪湖、霧ヶ峰など訪れる観光客の絶好の休憩ポイントになっている。僕もこれまで5回以上来ているのだが、食堂に入るのは今回が初めて。定番は地元産のそば粉を使ったそばだが…、今日はハラペコなので、とてもそばでは足りない。グルメレポーターなら間違いなくそばを選ぶのだが、ハラペコ野郎の僕は胃袋を優先しちゃいます(笑)。ごめんねー。メニューで一番おいしそうだった天丼にします。


出てきた天丼には山盛りの天ぷらが載っている。ボリューム満点だ! 喜びながら中身を確認してみる。えび、いか、ちくわ、なす、しめじ、れんこん、オクラ、しそ風の山菜など、どれもおいしい。特に野菜は新鮮で甘味がある。メインのえび天も大きく、プリプリしている。山の幸と海の幸を一緒に楽しめる天丼、特にハラペコさんにはおすすめです!


さらにさらにお得情報をひとつ。道の駅信州蔦木宿には、日帰り温泉施設「つたの湯」があり、入浴と食事がセットになった、お得メニューがあります。例えば、温泉+もりそばのセットが1000円(通常1280円)、温泉+天丼のセットなら1200円(通常1450円)という具合。割引料金になっています。露天風呂付きの温泉と一緒に楽しんじゃいましょう!


天丼850円
■道の駅信州蔦木宿
■住所/長野県諏訪郡富士見町落合1984番地1