“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

ひだ朝日村

2011.05.28 11:11:48
03.jpg 02_2.jpg

国道361号。山間の自然豊かな場所にある、道の駅ひだ朝日村。木造風の建物が風景にマッチしている。店内に入ると、ここの名物がよもぎであることがわかった。おひたしや汁、草餅などにして食べることが多いのだが、ここには何と!よもぎカレーなるものがあった。一体どんな味なんだろう?興味津々。早速食べてみることにした。


出てきたカレーは強烈な緑色をしていた。まるで青汁のよう。しかし匂いを嗅いでみるとスパイシー。確実にカレーだ(当たり前か)。いただきます。味は…見た目とは違って、よもぎらしき味はほとんどしない、カレーそのまま。ただ意外に辛い。具らしき物は見当たらず、野菜や肉類がじっくりと煮込まれているため深いコクがある。それにしても、よもぎとカレーがこんなに合うとは思わなかった。一度は食べてみたい、驚きのカレーです。


よもぎカレー680円
■道の駅ひだ朝日村
■住所/岐阜県高山市朝日町万石150

河野

2011.05.26 14:24:53
P1003759.jpg P1003761.jpg

国道8号沿い。日本海の眺めが素晴らしい道の駅河野に到着した。珍しく入口の側で地元のおばさんが手作りしたお寿司を売っていた。たまにはこういうのもいいな〜と思い、ばってら寿司とへしこ寿司を購入!!


休憩所に入ると老夫婦とトラックの運ちゃんがお弁当を広げていた。僕は空いてるテーブルへ。へしこ寿司は福井河野の名産で塩鯖の鯖漬けのお寿司。へしこというのは押さえ込みという意味らしい。食べてみるとクセがある。酒漬けのような感じで鼻にツンと来る。一味変わったお寿司だった。僕はちょっと苦手な部類かも(笑)。ばってらは鯖の酢漬けのお寿司。こちらは西日本では定番の味。具とごはんのバランスも良くおいしかった!!今日むっちゃシンプルな昼ごはんとなりました。


へしこ寿司350円
ばってら寿司350円
■道の駅河野
■住所/福井県南条郡南越前町大谷

藤樹の里あどかわ

2011.05.21 22:31:24
2011052121510000.jpg

琵琶湖の西海岸を南下。国道161号沿いにある道の駅に立ち寄る。レストランはいまいちなので、物産売店のお弁当コーナーを覗いてみると春らしく、たけのこ弁当があった。おいしそうなのでこれにする。


今日はいい天気。外のベンチで食べることにする。たけのこがコリコリ柔らかい。鶏肉、玉子焼き、シャケ、サツマイモ、オクラ…どれも味付けが薄味。かなりヘルシーな感じがする。外食は濃い味が多いので、これは嬉しい。量的にベストだし、値段も手頃。意外に大当たりのお弁当だった。
たけのこ弁当600円
■道の駅藤樹の里あどかわ
■住所/滋賀県高島市安曇川町青柳1162-1

ななもり清見

2011.05.18 23:39:53
2011051823010000_2.jpg 2011051822590000_2.jpg

飛騨高山から国道158号で白川郷へ向かう。途中の山間にある道の駅ななもり清見に立ち寄る。今日は平日だが観光客でにぎわっている。今日は急いでいるので簡単に済まそうと思い、外の売り場へ。そこで面白い物を見つけた。この道の駅の特製、おみそれソフト。味噌味のソフトクリームらしい、これは食べてみたい!そして定番の飛騨牛。串焼きにする。


最初にソフト。見た目はバニラだが少しだけ茶色い。食べてみると、ほんとに味噌味だーっ!!悪くない。ちょっとだけ香ばしく、キャラメルのような感じでもある。不思議な感じ。すごくおいしいというわけではないが、新しい感覚が楽しめた。飛騨牛はやわらかく、癖がなくておいしい。量的に物足りないけど、和牛だからこの値段でも仕方がないかな。どっちも休憩タイムに「ちょっと食べたいなぁ」というときにお勧めです。


おみそれソフト300円
飛騨和牛串焼き300円
■道の駅ななもり清見
■住所/岐阜県高山市清見町牧ヶ洞2145

富士

2011.05.14 23:02:31
da2d68eaa54246a0c9c03355bc1d61ae.jpg 02.jpg

東京と大阪を結ぶ日本の大動脈、国道1号。これまで何度も走っている国道だが、その途中に雄大な富士山が眺められる道の駅富士がある。実は上下線で別々に2ヶ所の道の駅があるのだが、今回紹介するのは上り線(東京方面へ向かう車線側)の方。ここは静岡で最初に誕生した道の駅でもある。


僕としては珍しくここは食べるモノは来る前から決めていた。それは静岡県富士市発のご当地グルメ「つけナポリタン」。ナポリタンスパゲティのつけ麺版で、これがメチャクチャおいしいのだ(パスタ大好き野郎だからね)。道の駅に着くと別の道の駅で会い仲良くなったライダーと偶然の再会、一緒につけナポリタンを食べることにした。もしかしたら「ごち走さま」に別の人が参加するのは初めてかも。食べられる店は市内に43店舗もあり、それぞれが志向を凝らしたつけナポリタンを出している。ここは完熟トマトと鶏ガラを使ったスープに野菜、ゆで玉子、チーズ等が入っている。シンプルなタイプ。フォークで掬ったスパゲティー麺をスープに浸け、スープと具を絡ませて食べる。うーん、やっぱりおいしい。これはスープを多めに、次は玉子を絡めて…といった風に、一口毎に自分好みにして調整して食べる、これがつけナポリタンのいいところ。普通なら水っぽいスープと麺は絡まり難いのだが、その繋ぎ役をチーズがうまく果たしている。アイデアと味の喜びがギュッと詰まった「つけナポリタン」ぜひ一度ご賞味あれ。


つけナポリタン650円
■道の駅富士(上り線)
■住所/静岡県富士市五貫島669?1

おかべ

2011.05.11 18:20:38
3ed0ddf6630902483761fc4516824f16.jpg 01.jpg

土砂降りの雨の中ずぶ濡れになって、国道17号沿いにある道の駅おかべに飛び込んだ。こんな時の道の駅は本当にありがたい存在。丁度昼前だったのでここで昼ごはんにする。


そこで面白いメニューを見つけた。「煮ぼうとう」。甲州の名物「ほうとう」はよく知ってるけど「ぼうとう」は初めて聞いた。写真の雰囲気は…くりそつ(笑)。おまけに名前も「ほ」に濁点が付いて「ぼ」になっているだけ、他はまったく同じなんだからスゴイ。興味津々で注文する。出てきたぼうとうは、湯がほんわか上がって、かなりおいしそう。土鍋の中は具がいっぱい。しめじ、しいたけ、揚げ、インゲン、大根、ニンジン、牛肉、長ネギなどなどが入っている。これは栄養満点だ。さて、肝心の麺は…平打ちのうどんのような味。食感としては、山梨のほうとうよりも柔らかく、名古屋のきしめんよりコシがある感じ。そしてダシは醤油系でけんちん汁のよう。これまでありそうでなかった麺料理だ。ほのぼのと温かく、冷え切った体もポカポカになる。まさに日本の田舎の味、これはおすすめです。後で調べたところ、深谷市の名物であることが判明しました(無知でスミマセン!)。深谷を訪れたときはぜひ食べてみてください。


煮ぼうとうセット930円
■道の駅おかべ
■埼玉県深谷市岡688番地1

越後川口

2011.05.07 12:50:56
992b0ef56da42d64a9c8638512a2bc42.jpg 48cf184ee95b7024dde102cf96bc1f8b.jpg

国道17号沿いにある道の駅越後川口。物産がメインで新鮮な農産物が所狭しと並んでいる。どれもおいしそうだが、さすがにキャベツを丸かじりと言うわけにも行かない。売店をウロウロしているとオモシロイものを見つけた。全国第一号となった地ビール「エチゴビール」だ。まさかツーリング中は飲めないので、お土産に買って帰り家で飲むことにする。ならばつまみも必要だろうということで、初めて見た「天ぷられんこん」を買ってみる。


自宅に帰ってゴクリ。「どう?おいしい?」「おいしいよ」「どんな感じ?」「うーん、わかんない。ビールだよ、でもおいしい、グビッグビッ…」「…って、おーーい!」妻に頼んだのが失敗だった。僕はこんなヒゲ面なので酒好きに見られるけど、実はアルコールは全く飲めない。そこで妻に飲んでもらって感想をもらおうと思ったら…、何も出てこない(笑)。「こしひかり越後ビール」はこしひかりを使用しているため喉越しスッキリ、キレのある辛口ビール。「エチゴビール」はザーツ地方産のザーツのみを使用、高貴な薫りと深趣な苦みが特徴らしいです。ちなみに「天ぷられんこん」は、れんこんのほのかな香りと独特の歯ごたえが心地よく、我が家では大人気。一瞬で食べきってしまいました。
たまにはお土産に地ビールもいいかもしれませんね。妻も大喜びでしたよー(笑)


エチゴビール各280円
天ぷられんこん525円
■道の駅越後川口
■住所/新潟県長岡市川口中山84-2

ちぢみの里おぢや

2011.05.05 22:40:14
86105d06c2baa7f5a661a752ae9495c5.jpg

国道17号沿いにある中型サイズの道の駅で、日帰り温泉も付いている(入浴料900円はちょっと高いかなぁ)。いつものように道の駅スタンプを押してから食堂へ。


ここは別室ではなくお土産売場に仕切が作られ一部が食堂となっている。メニューは少なく、これといった目玉料理は見当たらなかった。その中にあったのが皿うどん。皿うどんと言えば長崎の名物だけど、新潟でも食べられるのか。珍しいな。食べてみよう〜と思って注文する。ところが出てきた皿うどんは、えっ!?あれ、これって… そのまま皿にうどんが載って出てきたじゃないか(笑)! 長崎名物の具の載ったパリパリの揚げ麺を想像していたので、ズルッ!と転ける。でも確かに、これも皿うどんだよな〜。気持ちを仕切直して食べてみると、塩味の焼きうどんだった。もやし、キャベツ、ニンジンなど野菜たっぷり。あっさりとした味付けでおいしかったけど、みなさん、食べる前の勝手な思い込みには十分に注意しましょうね〜


皿うどん650円
■道の駅ちぢみの里おぢや
■住所/新潟県小千谷市大字生甲1670-1