“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

R290とちお

2011.04.30 10:41:13
01_2.jpg 2d1ef2dad0d947464cdab25fc48e7837.jpg

穏やかな山に囲まれた道の駅、裏手には刈谷川が静かに流れている。ゆったりとした道の駅で旅の休憩タイムにピッタリ。案内によると栃尾の名物はどうやら油揚げらしい、食堂でも食べられるかな?と思ったら油揚定食なるものがあった。「焼き」と「煮」が選べるようなので、迷わず「煮」にする。


待つこと10分。呼ばれて取りに行く。煮た油揚げ3枚、なすのごま和え、漬物、ごはん、スープという内容。そういえば、いなり寿司じゃなくて油揚げでごはんを食べるのはこれが初めてかも。甘く煮込まれた油揚げは普段食べているモノの2倍、いや3倍の厚みがある。口に入れると熱々、噛むと油揚げから熱くて甘い汁がジュワーッと染み出てくる。この甘味が何とも北国らしい。油揚げも油がしつこくなく食べやすい。素材の味で勝負した田舎らしい定食だった。


油揚煮定食600円
■道の駅R290とちお
■住所/新潟県長岡市栃尾宮沢1764

越後出雲崎天領の里

2011.04.27 18:35:04
4ad91d871459659876f664b5a381f559.jpg

日本海を望む国道352号沿いにある、大型の道の駅。訪問したのが休日のため駐車場には新潟近郊のバイクがたくさん集まっていた。人気のツーリング休憩ポイントなのだろう。入ると1階が物産展で2階がレストランのようだった。登って行くと大きな窓の向こうに、青い日本海が広がっていた。メニューを開くとほとんど全て海産物料理。海鮮御膳や海の幸を使った丼、もずくめん等いろいろある。


その中で気になったのが道の駅の名前が入った「天領ちらし」。どんなものが載っているかと思い、お店の人に尋ねると「いろんなものが入ってます!」の返答。えっ!?いろんなものって…2つ3つ魚介類の名前が出てきてもいいんじゃない(笑)? 逆に興味をそそられてしまった僕は「天領ちらし」を注文。するとこれがもう大正解。色鮮やかな魚介類が盛りだくさん。一口サイズに刻まれたエビ、カニ、いくら、サーモン、マグロ、鯛、穴子などなど、予想以上にかなり豪華な内容。もちろん鮮度もバッチリ。日本海を眺めながら「ああ、幸せ!」。笑顔が大漁のランチタイムとなりました。



天領ちらし1100円
■道の駅越後出雲崎天領の里
■住所/新潟県三島郡出雲崎町大字尼瀬6-57

クロス10十日町

2011.04.23 13:17:21
ea88ab205a9dd531591327f42a2e280f.jpg 01.jpg

国道117号から少し入った町中にある道の駅クロス10十日町。大きな箱形の建物なので道の駅と言うよりも、役所か市民ホールのような雰囲気。訪れたほとんどの人はここへ来た瞬間「ここが道の駅なの?」と思うだろう。食事処は「喫茶カフェラルーチェ」と「和食処みやび」のふたつ。できれば地元のものが食べたいと思った僕は、十日町の特産へぎそばが食べられるみやびに入った。


純和風の店内。メニューの中からそばとネギトロ丼のセットを選んだ。出てきたネギトロ丼はやや小ぶりだが、具は十分な量、これで1000円なら安い。まずは気になるそばからズルッ!「なにっ!」予想外の食感に一瞬フリーズ。何だ、そばとは思えないこのコシの強さは!? ツルツルッとした喉越しはそばというよりも中華麺や冷麺に近い感じ。こんなそば、初めて食べたぞ! 繋ぎに布海苔という海藻を使うことで、このような食感を作り上げたという。日本人が持つ食へ対する探求心に限界はないのか!? 新潟を訪れた時は、ぜひ、そばの世界の新しい扉を開いてみてください。そうだ、ネギトロ丼もなかなかおいしかったですよー(笑)


そばネギトロ丼セット1000円
■道の駅クロス10十日町
■住所/新潟県十日町市本町6

オアシスおぶせ

2011.04.20 18:11:24
449180fd9e25537a0185847669ae492f.jpg 02_3.jpg

関越自動車道の小布施パーキングエリアに隣接する小布施ハイウェイオアシスにある道の駅。巨大な総合公園の中にあるため家族連れで賑わっていた。2階にある大きな窓から太陽の光が入る開放的なレストラン、券売機を見るとおいしそうなメニューがいっぱい並んでいた。信州ざるそば、煮かつ定食、栗おこわセット、しぼり汁うどん…どれも気になる、う〜ん、迷うなぁ。その中で「料理長おすすめ」のひとつ、信州豚鉄板に決定。理由は……肉が食べたかったから(笑)


ごはんの上にドンドンドン!と勢い良く、編み目の焼きが入った豚肉が6枚載っている。ふと北海道で食べた豚丼を思い出す。肉がいい感じで光っている、食べてみると脂分が多めで甘味がある。肉と一緒に白ごはんが勢い良く胃袋へ消えて行く。ああ、どうしてこんなに焼き肉とごはんって相性がいいんだろう。シンプルイズベスト、余計なことをしていない、肉とごはんだけで勝負した丼、食する価値、ありです。


信州豚鉄板700円
■道の駅オアシスおぶせ
■住所/長野県上高井郡小布施町大字大島601

甲斐大和

2011.04.16 22:33:22
2011041621530000.jpg

甲州街道にある道の駅甲斐大和に立ち寄った。山の中にある静かな施設で、レストランはちょっと上品な雰囲気。


メニューは地元の食材を使用、厳選されたものばかり種類は少な目。値段は千円が中心だ。中から思蓮定食をセレクト。思蓮特製鶏のみそ焼きの定食。出てきた料理も店と同じように上品な盛り付け。食べてみると、鶏肉は柔らかく、味噌たれの付いた皮がパリパリしていておいしい。マイルドな味わいがある。ぬか漬けの漬物、さやいんげんのごま和えもまた、品がある。いつもはガッツリ系だけど、たまにはこんな料理も気分転換になるのでいいですね〜。おなかいっぱいになったし、さあ、走るぞ!!


思蓮定食1050円
■道の駅甲斐大和
■住所/山梨県甲州市大和町初鹿野2248

宇津ノ谷峠(藤枝側)

2011.04.13 09:07:18
2011041621530000.jpg

国道1号を東へ。バイパスはかなりハイペースで車が移動している。原付は流れに乗れないので路肩をトロトロと進むしかない。到着した道の駅宇津ノ谷峠は珍しく上下線で別々、2施設が建っていた。上り線(藤枝市側)の道の駅は小型で、小さな売店の中に食堂の券売機と配膳口。食べる場所も無料休憩所のテーブルを兼用する形になっている。


さあ、何を食べようか? 静岡と言えば桜エビ、しらす等々海の幸が有名だ。見るとうどん、そば、丼物など簡単なものしかないが… その中に小さな光を見つけた。桜エビと枝豆の天丼。これに決めた。出てきた丼は、ごはんの上に桜エビと枝豆の掻き揚げと半熟卵が載っていた。天ぷらを食べてみると甘いダシが染み込んでいてしっとり、独特の風味。ぬれせんべい風だ(?)。しっとりした衣と香ばしい桜エビ、甘味のある枝豆のバランスが心地よく、口の中にふわーっと広がる。天ぷらと半熟卵がごはんと良く合う。見た目は正直なところ華やかさに欠けるが…味の方は行けます。これぞまさに極上のB級グルメという味だった。


桜エビと枝豆の天丼500円
■道の駅宇津ノ谷峠(藤枝側)
■住所/静岡県藤枝市岡部町岡部2190-1

関宿

2011.04.09 22:25:08
02_2.jpg c44bafed6f9c26506c27e4cbfbbc463b.jpg

日本の大動脈、国道1号線沿いにある道の駅関宿。東海道五十三次の宿場町として栄えた関宿は国の重要伝統的建造物群保存地区になっている。道の駅も和風建築。中に入ると庶民的な食堂があった。メニューはうどん、そば、ラーメン、カレー、定食などバラエティ。その中で気になるメニューを発見。みそカツカレーライス。初めて聞く名前、これは絶対食べてみたい。


おおっ、これはおいしそう。大盛りごはんの上に大きな味噌トンカツ、そこにカレーがたっぷりかかっている。まずカツを食べてみる。「サクッ」。甘い味噌ダレがトンカツの衣に絡まっていてとてもおいしい。そこへさらに甘口カレーが加わるのだから、まさに鬼に金棒。まずいわけがない。白ごはんが驚くようなスピードで減って行く。味は全体的に甘口。食べ応えがあるので「今日はガッツリ食べたい!」そんなときにおすすめのメニューです。


みそカツカレーライス750円
■道の駅関宿
■住所/三重県亀山市関町新所674-8

瑞穂

2011.04.06 23:58:18
9206b261543837cd68b1918c4833beac.jpg 37caebe1f55e392a7e81ef0373a3e563.jpg

道の駅めぐりをしているが、その日の出発地や移動タイミングによって、到着時間はまちまち。うまくお昼時に到着したのにレストランがなかったり、逆においしそうなメニューがあるのに営業時間に合わず、食べられないなんてことも多々あるが、そんな失敗もご愛敬。どんなことも前向きに楽しんでしまうのが僕流の旅。


今回の道の駅瑞穂には11時半。珍しくベストタイミングに到着した。小さな食堂に入るとトンカツやエビフライ、唐揚げ、しょうが焼きなど一般的なメニューしかなかった。今日はハズレかな…と思いつつ、唯一店の名前が付いている「産直亭うどん」を注文する。ところが出てきたうどんを見てビックリ、エビ天が載ってる。道の駅のレストランは基本的に高目、530円でまさかエビ天が入っているとは思わなかった。なんだかすごく得した気分になった。ダシもさっぱり、おいしいうどんだった。その後、販売所へ行くと、牛舎のない牧場で作った牛乳なる物を発見。200ccで320円と高価だが買ってみる。開けて飲んでみると、これが濃いのにさっぱりしている。そして匂いがいい「牛の乳を飲んでます!」という気持ちにさせてくれるのだ。これは無添加で低温殺菌だかららしい。深く味わいのある牛乳だった。


産直うどん530円
自然牧場牛乳320円
■道の駅瑞穂
■住所/島根県邑智郡邑南町下田所260-3

インフォメーションセンターかわもと

2011.04.02 23:28:31
bc0ef0ecaf9afa695135628be5ba866a.jpg 02.jpg

国道261号沿い、小さな山に囲まれた田舎町にある道の駅に到着した。午前10時過ぎなのでまだ開いたばかり、レストランもまだ営業していないので販売所へ行き、朝ご飯になりそうな物はないか探してみる。日本海から少し入ったところだったが、浜田の焼さば押し寿司を発見。そういえば日本海で食べるのを忘れたな、よし、これに決まりだ。


透明の蓋を開けてみると、豊満な身のおいしそうはさばが並んでいた。いただきます。おおおっ。食べてみるとこれが絶妙な味! なんて言ったらいいんだろう、香ばしい焼きさばと酢めしの組み合わせがアンバランスのようで、すごくマッチしているのだ。これまで何度か普通の押し寿司は食べたことがあるけど、これは別世界。寿司なのに載っているのは焼き魚、僕は一口で好きになった。関東ではあまり馴染みのない焼さば押し寿司だけど、ぜひ一度食べてみてください。


焼さば押し寿司450円
■道の駅インフォメーションセンターかわもと
■住所/島根県邑智郡川本町大字因原505-5