“ごち走さまでした!!”blog
バナーはコチラ▼

リンクフリーです。

宇陀路室生

2011.01.29 18:12:07
2011012917250000.jpg


三重県四日市市と奈良県橿原市を結ぶ国道165号は山あり谷ありの面白いツーリングコースだ。さすがに冬は快適とは言いがたく、ところどころに雪が残っていて、慎重にタイヤを進めた。


県境近くにある道の駅宇陀路室生に立ち寄る。腹ペコだし、寒いから何か温かいものが食べたいなと思い、ミニ天丼セットにする。セットメニューがたくさんありその中で一番ボリュームがあり、一番安かったのだ。天丼はなかなかで、エビ、なす、れんこん、さつまいも、たけのこ、かぼちゃなど盛りだくさん!!衣サクサクでおいしい。うどんは山間部らしく山菜が載っている。出しは関西風の薄味だがコクがあっておいしかった。ボリューム満点、腹ペコ野郎にはピッタリのランチでした。ごち走さま〜♪


ミニ天丼セット1000円

■道の駅宇陀路室生

■住所/奈良県宇陀市室生区三本松3176-1

しらとりの郷羽曳野

2011.01.27 09:27:24
2011012621010000.jpg

これまではガッツリ系が多かったので、たまにはスマートにイタリアンにする。南阪奈道路の近くにある、街型の道の駅だ。レストラン「ぱんどーろ」に入りメニューを開くと生パスタのランチがある。ドリンクとミニパン(食べ放題)付きで880円は安い!よし、決定だ!


いくつかあるランチメニューの中から店員さんおすすめ、人気のエビと木の子のクリームパスタにする。エビのプリプリ、きのこのコリコリ食感と、まろやかでクリーミーなホワイトクリームがよく合う。モチモチとした生パスタも食べ応えがあり、おいしい。元々イタリアン好きな僕としては、味、値段、量すべてに大満足のランチとなった。よ〜し、次はドリアを食べるぞ〜(笑)!!


エビと木の之のクリームパスタ880円
■道の駅しらとりの郷羽曳野
■住所/大阪府羽曳野市埴生野975-3

潮見坂

2011.01.22 21:35:52
2011012220310000.jpg

静岡県の西の端。デッカイ太平洋がドドーン!!と目の前に広がる、道の駅潮見坂にやって来た。ここはさらに無料で入れる足湯まである人気の道の駅。食事コーナーへ行くと海が近いため海鮮丼や刺身、さばみそなど海産物を使ったおいしそうな料理がたくさん揃っていた。


そんな中で「これだっ!」というメニューを発見。それは、しらす丼。まだ一度も食べたことがないし、この道の駅の名物だというのですぐに決定。


出てきた丼は真っ白いしらすで埋め尽くされていた。その真ん中に黄色のウズラの卵。そして緑色のシソがパラパラと載っている。タレをかけて食べると、幸せ感が口いっぱいに広がった。おいしい〜♪しっとりしたしらすと甘酸っぱいタレ、そして白ごはんが良く合う。淡白で単純な味なのに、なぜかどんどん食べたくなる。初めて食べたけど、一発で気に入ってしまった。これはおすすめの一品ですよー!!


しらす丼680円
■道の駅潮見坂
■住所/静岡県湖西市白須賀1896-2

ふじおやま

2011.01.19 12:18:30
2011011911330000.jpg


今年の冬は寒いですね。それでもバイクでウロウロ走っています。東京〜御殿場を結ぶ国道246号。快晴のため富士山の眺めが素晴らしい。御殿場の少し北にある道の駅ふじおやまに立ち寄った。


さて何を食べようか?食堂のメニューをザッとチェック。温かいメニューの中から、鶏とモヤシの塩ラーメンを選んだ。出てきたラーメンには透明の塩スープ、その上に1センチ大の鶏肉がポロポロと載っていた。モヤシは普通だけど、ありそうでなかったこの組合せが新鮮に感じる。具材はサッパリしているが、スープは意外とダシがムムッと効いている。食べごたえ充分の濃い〜ラーメンだった。


鶏とモヤシの塩ラーメン650円

■道の駅ふじおやま

■住所/静岡県駿東郡小山町用沢72-2

掛川

2011.01.15 17:47:03
29.jpg 28.jpg

これまでいろんなモノを食べてきたけど、時々シンプルなものがすごくおいしと感じる時がある。実は長いバイク世界一周を終えて久しぶりに日本に帰って時に、一番最初に食べたいと思ったのは白いごはんと納豆、味噌汁だった。シンプルな料理ほど素材の良さが引き立つということなのかもしれない。その土地の新鮮な素材を焼く、煮る、漬ける…それだけで十分においしいということだ。


そういう意味では道の駅掛川で食べた「とろろそば」は絶品だった。掛川の名産とろろ芋。基本的に丼の中にあるのはそば、出汁、とろろ芋。その上に海苔とネギが載っているだけなのに、うまい。うますぎる。シコシコ食感のそば麺に、コクのある濃厚なととろが適度に絡みつきながら、ズルズルと流れるように口に入って行く。食べ出したら止まらない、一気に完食しました。このとろろそばのおいしさは、日本人じゃないとわからないだろうな。「日本人に生まれて良かった!」と心から感じること、間違いなしです(笑)。



とろろそば650円
■道の駅掛川
■住所/静岡県掛川市八坂882-1

伊良湖クリスタルポルト

2011.01.12 20:45:06
26.jpg 27.jpg

中部地方、伊勢湾と三河湾を囲むように延びる西の志摩半島と東の渥美半島。その渥美半島の先端の岬にある伊良湖クリスタルポルト。伊勢湾フェリーのターミナルも兼ねた大型の道の駅。その目の前には海とそこに浮かぶ大きな船。旅情緒たっぷりの道の駅だ。


正面玄関から入ると左側に食事コーナーがあった。そこに「焼き大あさり」の文字。どうやらあさりがここ伊良湖岬の名産らしい。ここはひとつ食べてみよろう!出てきたあさりは超特大。こんな大きなあさりを見たことがない。貝が持つ特有の潮のいい香りが鼻をくすぐる。「おいしそう、いただきます!」食べてみると大きさ、味共に文句なしだった。肉厚で肉が口の中でプリッと弾ける。伊良湖訪問のいい記念になりました。


焼き大あさり400円
■道の駅伊良湖クリスタルポルト
■愛知県田原市伊良湖町宮下3000-65

三芳村鄙の里

2011.01.09 02:02:56
021_2.jpg 020_2.jpg

寒い冬でも比較的温かい房総半島はツーリングライダーに人気のスポット。そんな房総半島におすすめの店がある。道の駅三芳にあるハンバーガーショップBINGOだ。最初メニューを見たときハンバーガーが750円と書いてあったので、正直なのところどうしようかな?と思った。だが、それだけの値段が高いということは、それだけ味に自信がある証拠。ジャンクフード、ハンバーガー大好き野郎としては、和牛のハンバーガーというのも気になる! ここは大奮発、食べることにした。


出てきたハンバーガーは、ズッシリ重い(180g!)。そして顔と同じくらい大きい。これはインパクト抜群。中にはトマト、レタス、ピクルスなどが挟まれている。で、味の方はー?? んんっ、こんな味、始めてだぞ。ハンバーガーといえばゴリゴリとした固めの食感の肉を想像するんだけど、ここは和牛を使っているためとても柔らかく、口の中でとろける感じなのだ。こんなリッチなハンバーガー、生まれて始めて! 肉のボリュームもあるので食べ応え十分。大満足の味だった。僕はゴリゴリと固い肉が好みなんだけど、これはこれでありかなと思う。こんなハンバーガーは他ではなかなか食べられません、ぜひ一度お試しあれ。


ビンゴバーガー750円
■道の駅三芳村鄙の里のハンバーガーショップBINGO
■住所/千葉県南房総市川田82-2

かほく

2011.01.05 16:14:23
22.jpg 23.jpg

九州の中心部を縦に走る国道3号線は九州の大動脈。その国道3号を南下していると、穏やかな田舎の風景が広がる、熊本県山鹿市にある道の駅かほくに辿り着いた。食堂に入ると賑やか。セルフサービス式らしく小皿に盛られた、おいしそうな料理がたくさん並んでいる。50種類以上ありそう。見るとどれもおいしそう。どうやら地元のお母さん達の手作りらしい。


さあ、どれにしようか? 食べたいものがあり過ぎて困る。色々見ているとメニューの中に「だんご汁」があることを発見。大分の名物があるじゃないか!! どうやら隣の熊本でも普通に食べられているよう。他を押しのけ、だんご汁を注文する。だんご汁は小麦粉で作った平たい麺、また団子状にしたものを具の入った味噌汁に入れ煮込んだ料理。だご汁と呼ばれることもある。イメージの湧かない人は豚汁にすいとんが入ったものを想像すればいい。ホクホクと湯気が上がり、見るからにおいしそうだ。「いただきます!」汁の中には筍、ゴボウ、人参、里芋などたくさんの具がゴロゴロ入ってる。どれもいい感じで煮込まれている。野菜のエキスが汁に染み込み、それがさらにだんごに染み込む。「ああ、温まる〜っ!」。懐かしくてシンプル、毎日でも食べられそうな庶民の味だった。


だんご汁(大)とおにぎりで500円
■道の駅かほく
■住所/熊本県山鹿市鹿北町岩野4186-130